コインサロン

ヴィクトリア女王時代の希少金貨銀貨が人気な理由とは?

「ヴィクトリア朝」と聞くと、華やかなイメージがありますよね。


ヴィクトリア朝時代を舞台にした文学は数多く、シャーロックホームズなどが有名です。

 

そんなヴィクトリア女王時代の金貨銀貨等のコインレリーフは、現在においてとても評価が高く、コレクターから絶大な支持を得ています。


そこでこの記事では、ヴィクトリア女王の歴史や、ヴィクトリア女王時代コインが人気な理由についてご紹介します。

 

 


□ヴィクトリア女王の歴史とは?一体どんな人物なのか

 

ヴィクトリア女王は、誰しも一度はその名前を聞いたことがあるというほど、とても有名な人物です。


ヴィクトリア女王とは、イギリスの最盛期であるヴィクトリア朝時代の女王です。
ウィリアム4世が早くに亡くなったことによって、18歳の時にイギリスの女王になりました。
産業革命によって、イギリスは他国から一目を置かれる存在でしたが、ヴィクトリア女王の戴冠式が行われた時は、国内の飢饉もあって経済は不安定な状態でした。
しかし、ヴィクトリア女王によって大英帝国の繁栄が始まります。

当時のイギリス議会は保守党と自由党の2大政党によって政党政治が行われており、外交面では、1877年にインドをはじめ、広い地域を植民地化しました。
どの国とも外交を結ばないことから「光栄ある孤立」と呼ばれるようになったのもこの時代です。

ヴィクトリア女王の慈愛心は、広大な植民地を一つにまとめ、大英帝国をより拡大していったと言われています。
これが、現在でも世界各地の公園や施設で、ヴィクトリアという名前が用いられている理由です。


□ヴィクトリア女王時代の金貨が人気な理由とは

 

ヴィクトリア女王時代の金貨は、英国史上最も人気のあるアンティークコレクションであると言われています。
人気が高い1番の理由は、デザインの美しさにあります。

 


特に、ヴィクトリア女王の即位から2年後に発行されたヴィクトリア “ウナとライオン”は、世界一美しい金貨として知られています。

 

 

ヴィクトリア女王時代の金貨は、イギリスだけでなく、オーストラリア、カナダ、セイロン、インド、ジャマイカなど多くの植民地でも流通し、いくつかの種類があります。

 

19世紀には世界中に英国の植民地があり、「陽の沈まない国」と呼ばれ、世界中にイギリスの通貨が流通した。そんな時代のヴィクリア女王時代のコインは、世界的中のコレクターから高い人気を集め、査定価格は数千万円以上にものぼるほど、高い価値があります。


□最後に


この記事では、ヴィクトリア女王の歴史や、ヴィクトリア女王時代の金貨が人気な理由についてご紹介しました。
発行地によって金貨のデザインが異なるため、全種類集めたくなるところもヴィクトリア時代の金貨の大きな魅力ですね。